わが子を一生をかけて守り抜き育てていく女性は強い生き物だ。

女性は妊娠すると体調を崩す人がいます。それは俗にいう‘つわり’というもの。まれにつわりのない人がいて羨ましく思います。つわりが始まりかけのときは生理だったり
風邪をひいたかな?と間違えることもあります。しかし体のなかでは赤ちゃんだけではなくお母さんも目まぐるしい変化を続けるためつわりやだるさなどさまざまな身体的症状が
現れます。一人目を妊娠した場合自分とお腹の子供だけなので体調が優れないときは横になったり仮眠を取ったりと自分の体調次第で時間を使うことが出来ますが、この妊娠が2人目、3人目ともなるとそうもいきません。パートナーは仕事でいないため2人目妊娠時第一子とお母さんの二人きり。そんな時つわりがひどかったりだるさがあっても横になることも仮眠を取ることもできません。近くに両親が居れば手助けはしてもらえるでしょうが遠くに両親がいる場合なかなかそうもいきません。つわりはいつか終わりがくるもの。。とよく言います。なんとかその終わりに向けてつわりと戦うしかありません。わが子を宿したときから母になりまた一生をかけてわが子を守っていかなければなりません。
女性は強い生き物です。http://xn--cckvb8aib2jcb5h9c.com/

わが子を一生をかけて守り抜き育てていく女性は強い生き物だ。