出産後お腹がずっと痛んで動けませんでした

私は出産をした時に、その直後から右のお腹の下腹部に物凄く痛みを感じるようになって、それから退院をしても4,5ヶ月は動きが取れなくて困っていました。病院に行っても何も変わった事は無いと言われて、もしかすると帝王切開で出産をした時にお腹を切った際に筋肉がまだちゃんとくっついていないからかもと言われたりしていたのですが、余りにも長いので、いろんな病院に行って診てもらいました。

でも結局数年後に、子宮内膜症に掛かっていた事が判明して、それからはすぐに手術をしました。手術をしないといけなくなるまで気付いてもらえなかったので相当大きくなってしまっていたので本当に痛くて、動けなくて辛かったです。1箇所の病院に行って分からない、異常はないと言われても決してそこでその言葉を信じたらダメだなって思いました。先生だって人間だし、見逃してしまう事も有ると思うからです。自分が痛くて動けないならきっと何か原因が有るはず、そう思って何件も病院を変えて診てもらって病気が分かって良かったです。http://www.whitaker-house.com/

出産後お腹がずっと痛んで動けませんでした

わが子を一生をかけて守り抜き育てていく女性は強い生き物だ。

女性は妊娠すると体調を崩す人がいます。それは俗にいう‘つわり’というもの。まれにつわりのない人がいて羨ましく思います。つわりが始まりかけのときは生理だったり
風邪をひいたかな?と間違えることもあります。しかし体のなかでは赤ちゃんだけではなくお母さんも目まぐるしい変化を続けるためつわりやだるさなどさまざまな身体的症状が
現れます。一人目を妊娠した場合自分とお腹の子供だけなので体調が優れないときは横になったり仮眠を取ったりと自分の体調次第で時間を使うことが出来ますが、この妊娠が2人目、3人目ともなるとそうもいきません。パートナーは仕事でいないため2人目妊娠時第一子とお母さんの二人きり。そんな時つわりがひどかったりだるさがあっても横になることも仮眠を取ることもできません。近くに両親が居れば手助けはしてもらえるでしょうが遠くに両親がいる場合なかなかそうもいきません。つわりはいつか終わりがくるもの。。とよく言います。なんとかその終わりに向けてつわりと戦うしかありません。わが子を宿したときから母になりまた一生をかけてわが子を守っていかなければなりません。
女性は強い生き物です。http://xn--cckvb8aib2jcb5h9c.com/

わが子を一生をかけて守り抜き育てていく女性は強い生き物だ。

イミダペプチドで寝起き改善

私は40代にの男性サラリーマンです。
仕事の関係で全国各地に出張ばかりの生活です。拠点は大阪なのですが、週に一回大阪で仕事ができるかどうかです。
この状況に困るのが、朝起きる時間がバラバラという点です。出張先の時間に合わせて五時におきたり六時におきたり。
そして出張帰りの時間もバラバラですので、寝る時間もバラバラ。
自分でも思いますが、生活リズムが整っていなく、毎朝起きるのが辛いのです。
これでも、今の職場の前の職場では残業も少なく生活リズムが安定しており、目覚ましと同時に起きれる程に朝は強かったのです。
仕事なので仕方ないと思ってはいたものの、なんとかならないものかと調べてたどり着いたのがイミダペプチドという商品です。
やはり40歳を越えてくるとサプリメントの力などに頼らなくては耐えて行けないと思っていたのですが、効果は想像以上に良かったのです。
私は寝る前に飲んでいるのですが、熟睡できて朝スッキリしている。という印象です。
熟睡出来ているせいか、疲れも溜まらなくなってきました。
効果が感じられるようになったのは二週間程経過してからですが、それからは毎日朝スッキリです。
土日には飲んでませんがそれでも効果は持続しています。
休みの日の朝早起きゴルフもシャキッと起きれるようになり、休日も充実しています。父親を超える身長になってほしいと思っています

イミダペプチドで寝起き改善

自転車のルール、マナーについて

少し前からスポーツ自転車も流行っていて自転車を見かける機会も多いと思います。
ひどい運転をする自転車も居るようです。
そこで割と知られていないと思う自転車の交通ルール・マナーに触れたいと思います。

・片手運転
  傘やスマートフォンだけでなく、荷物などを持ったりハンドルに引っ掛けるのは駄目な様です。

・ベル
  道路交通法で自転車も警報機(ベルなど)の取り付けが義務付けられています。

・信号
  自転車用信号がない交差点では特に明記がない場合、自動車と同じ信号に従わなければいけません。

・一時停止
  「止まれ」や赤点滅信号では、自転車も一時停止義務があります。
  車や歩行者が横から出てくるかもしれないのでしっかり停止して安全確認しましょう。

・歩道走行、右側走行
  自転車は車道の左側走行が原則ですが、3m以上幅のある歩道は走行可能です。
  また安全上仕方ない場合に限り、歩道や道路右側をすぐ止まれる速度で走るのもOKです。
  車側の視点に立って考えて、車道を走るのが危険だと思ったら歩道を走ったり、
  車や歩行者の迷惑になりにくい走行ルートを考えるのも楽しいですよ。

・手信号
  学校や教習所で習ったと思いますが、手での周りへの進行方向やスピードを落とす・止まるという動作前の手での合図があります。
  右折の時は右手を右に伸ばす、左折の時はは右手を右に伸ばし肘を上向きに曲げる、スピードを落とす・止まる時は後ろに手をかざす。などです。
  やっている人がなかなかいないのでちょっと恥ずかしかったりしますが、自分のこれからする行動を周りに知らせるのは大事です。

ざっと思いついたのはこんなところでしょうか。
道路にはいろんな人や車や自転車など色んなものが通行しています。
心や時間に余裕を持って、自転車ライフを楽しみましょう。  

自転車のルール、マナーについて